■■ソフトウェアからハードウェアまでシステム開発の事なら横浜メディックス株式会社■
システム開発のご要望・お悩みにお応えします。
お気軽にお問い合わせください。

TOP会社概要企業理念ご相談の流れお客様からの声よくある相談
     
>> ハード開発実績 >> ロボット関連

  ロボット関連
 

  2.4GHz無線通信ロボット制御
       
  システム概要
    2.4G無線モジュールによる遠隔操作でロボットを制御するボードです。

  詳細 
    I/F : USB 1チャンネル,
    2.4GHz帯・無線通信回路 1チャンネル,

    アナログ入力回路 ADC 8Ch.,
    DCモータ駆動回路 4チャンネル, ,

    RS-232C (UART) x 1チャンネル
    SD カード1チャンネル
    CPU ルネサス16ビット・H8S2600
    基板寸法 : 120 X 110 mm

    タブレットやPC等との無線データ通信が可能です。
    本基板を基に各種システムの構築が可能です。
       

  H8SX + 無線ロボット制御
       
  システム概要
    ロボット用DCモータ駆動用制御ボードです。

  詳細
   
MPU : 高性能な32 Bits, 50MIPSのMPU
       H8SX / 1653 , クロック周波数 48MHz,
       フラッシュROM 384Kbytes,
       SRAM 40Kbytes
    I/F : USB 1チャンネル, USBホスト 1チャンネル,
       無線WirelessUSB 1チャンネル, A/D 8Ch.,
       サーボ駆動用通信回路 2チャンネル, LCD,
       RS-232C x 2チャンネル
    DCモータ駆動回路:
       モータ : DC12V, 1Aのモータを駆動可能
       チャンネル数 : モータ4台
       駆動方式 : PWMによりスピード可変
    エンコーダ入力回路 :
       チャンネル数 : エンコーダ入力 A,B相で4個
       高速パルス入力 : CPUにより高速入力可能
       エンコーダ入力タイプ : A, B相の入力で正逆転

    基板寸法 : 140 X 130 mm
    本基板を基に各種システムの構築が可能です。
       












 
Copyright ©2002 Yokohama Medix Corporation All right reserved.