■ソフトウェアからハードウェアまでシステム開発の事なら横浜メディックス株式会社■
システム開発のご要望・お悩みにお応えします。
お気軽にお問い合わせください。

TOP会社概要企業理念ご相談の流れお客様からの声よくある相談
     
>> ソフトウェア開発実績 >> 通信制御システム関連

  通信制御システム関連
 
RS-232Cシリアルデータモニタリング、シリアル通信での装置制御、TCP/IP又はUDPによる通信制御 、FTP
によるファイル転送システムの開発


  色度検査システム
       
  システム概要
    LEDの色度・輝度などを測定して良否を判定するシステムです。

  開発言語
    .NET C#

  詳細
   
光測定器TM6101を制御してLEDの色度・輝度などを測定して良否を判定する
    システムです xy表示や測定データの表示も行います。
    測定データのCSV保存もできますので、Excel等で集計する事も可能です。
       

  無線LANカード検査システム
       
  システム概要
    無線LANカードにおける品質を検査するシステムです。

  開発言語
    マンマシンインターフェイス部分はVisualBasic、測定部分はMFCで作成していま
    す。

  詳細
   
通信の検査なのでパソコンを2台使用して行います。送受信の時間などを検査します。
       

  被検査物設定システム
       
  システム概要
    被検査装置に対して各種の設定を行うシステムです。

  開発言語
    マンマシンインターフェイス部分はVisualBasic、プリンタポート制御部分はDLL
    (C++)を使用してます。

  詳細
    被検査装置とパソコンをプリンタポートで接続して設定します。又、システム起動時にOSの
    種別を自動的に判断し、適切なI/O制御を行います。
    入出力点数が少ない場合は、I/Oボードではなく、プリンタポートを使用する事により、安価
    にシステムを構築できます。
       

  追跡官制監視システム
       
  システム概要
    飛行物から受信した傾き、現在位置、高度、緯度、経度などのデータをリアルタイムに表示
    するシステムです。データはUDPにて受信します。

  開発言語
    Visual C++(MFC)を使用してます。

  詳細
   
飛行物の現在位置を緯度、経度から日本測地系座標に変換し、国土地理院発行の数値地
    図25000と重ね合わせ、どの位置を飛んでいるか判るようにしています。
       

  携帯電話プロトコルデータ表示システム
       
  システム概要
    携帯電話から送出されるPDCプロトコル通信ログの表示、蓄積、解析を行うシステムです。
    リアルタイムに表示する機能及び蓄積したログを表示する機能も兼ね備えています。

  開発言語
    C言語

  詳細
    ARIB RCR STD-27E PDCプロトコルに準拠したレイヤ1、レイヤ2、レイヤ3の上り下りのデ
    ータを表示します。どのレイヤのデータを表示するのか設定したり、各メッセージ間の時間
    を表示する事も可能です。
       

  マルチローダ
       

  システム概要
   
携帯電話に対してプログラムをダウンロードするシステムです。1台のPCから同時に最大8
    台までの携帯電話にダウンロードする事が可能です。
    どのポートにダウンロードするか設定できるので、1台のみ、3台のみというようなダウンロー
    ドも可能です。

  開発言語
    Visual C++(MFC)、Visual C (DLL)

  詳細
    下記ハードウェア構成で実現しました、ポート毎に受信スレッド立てて制御を行っています。
    ・ MOXA社製シリアル通信カード(PCCM-C168H/PCI)一式
    ・ MOXA社製8ポートシリアル通信カード用コネクタボックス(PCCM-MOXA-OPT8A)
    ・ Tri-Net社製RS232Cアダプタ(ADPCR-MA-005-6-1)8個

       









 
Copyright ©2002 Yokohama Medix Corporation All right reserved.